徹底ガイド!名古屋で最高の結婚指輪を見つける方法

一生モノの愛され結婚指輪の見つけ方(名古屋編)

名古屋で人気の結婚指輪ブランドBEST3

No.1

ダイヤモンドシライシ

結婚指輪をチェック

1994年に誕生した、国内初のダイヤモンド専門店。イスラエルに現地法人を構え、常駐バイヤーが買い付けているため、高品質のダイヤをリーズナブルに提供しています。

No.2

エクセルコダイヤモンド

結婚指輪をチェック

ベルギーの名門「EXELCO N.V.」との連携から生まれたブライダルリング専門店。ダイヤモンド市場の中心となっている、ベルギー・アントワープを拠点としています。

No.3

ラザールダイヤモンド

結婚指輪をチェック

100年以上に渡って、世界中から愛されるNY発祥のダイヤモンドカッターズブランド。スタッフのほとんどがジュエリーコーディネーターの資格を保有しています。

名古屋で最高の結婚指輪を見つける方法HOME » こだわりで選ぶ名古屋の結婚指輪カタログ » 婚約指輪と重ね付けできる指輪がいい

婚約指輪と重ね付けできる指輪がいい

 結婚への憧れが強い女性にとって、指輪は重要なアイテムでしょう。そんな中、近年は婚約指輪とか重ね付けできる結婚指輪が話題となっています。どういった指輪なのでしょうか、特徴をご紹介します。

 

結婚指輪の重ね付けとは

近年、結婚指輪を婚約指輪を重ね付けする人が増えてきているそうです。まずは基本的な特徴について、ご紹介します。華やかな結婚式が印象的な名古屋では特に人気となっているので、チェックしてみてください。

 

重ね付けのルール

結婚指輪の重ね付けは、左手の指に婚約指輪と合わせてはめる方法です。従来、結婚指輪は左手、婚約指輪は右手といった風潮も見られましたが、重ね付けにおいては左手の指1本につける形が一般的です。

 

薬指につけることが多いですが、明確な決まりがあるわけでもありません。好みによっては、親指につける人もいるほどです。重ね付けならではのメリットを生かして、好きな指を彩ってみてください。

 

何で重ね付けが生まれたの?

結婚指輪ひとつであっても、結婚を意味するリングをはめていることに変わりはありません。愛を誓い合った二人の象徴的なものとして、しっかり意味を成すことでしょう。ですが婚約指輪は、婚約の時期以外はほとんど使用しません。にもかかわらず、ダイヤモンドが入っていたりデザインにこだわられていたりするため、少しもったいなくも感じられます。せっかくの婚約指輪なので、結婚後も付け続けたい、そんな思いから始まったのが重ね付けなのです。また、海外で古くからおこなわれており、それが影響したというのもひとつの理由です。

 

神聖な指輪を2つも付けて大丈夫?

もったいないといっても、結婚指輪は宗教的な意味合いも伴う神聖な存在です。にもかかわらず、もったいない、おしゃれを楽しみたいなどの理由だけで重ね付けするのは、大丈夫なのでしょうか?

 

これについては、指輪をつけているという時点で意味を成しているため数を気にする必要はありません。古代エジプトでもちいられていた、永遠を意味するリングを心臓に近い左手につけるという風習が元となっているためです。意識するたび将来を誓い合った瞬間を思い出せる指輪が増えることで、むしろ一層の効果すら得られるかもしれません。

 

重ね付けのメリットデメリット

ひとつで良いところ、あえて2つも重ねるわけですから、それなりのメリットが存在します。ですが、逆にマイナスとなるポイントもあるため、それぞれしっかり把握しておきましょう。

 

重ね付けのメリットって?

前述でも少し触れていますが、まずひとつは婚約指輪を無駄にせずに済むということでしょう。一般的に、婚約指輪は給料3ヵ月分などといわれています。高価な存在なので、結婚したあとはしまったままというのも少し寂しい印象です。長くつけて楽しめると、より良いでしょう。

 

また、流行に乗れるというのも女性としては嬉しいポイントではないでしょうか。重ね付けは、既婚女性の中で流行りのスタイルです。夫婦の絆だけでなく、ファッションアイテムとしての意味合いも高まることでしょう。ただのリングでなく、ダイヤモンドなどの宝石が入っているものも多いため、存在感は結婚指輪以上かもしれません。

 

気をつけておくべきデメリットとは

さまざまな作業をおこなう手に2つ重ねるため、少々デメリット面も気になるところです。たとえば、石が入っているため扱いに慎重になるべき点です。雑に扱ってしまうと、傷が入ったり取れてしまうことも考えられます。せっかく努力してパートナーが購入してくれた愛の証を壊してしまうことは、もったいないどころの話でもないでしょう。家事をしたり外出する場合に関しては、気をつけなくてはなりません。

 

また、選ぶのが難しいということもポイントとなってきます。婚約指輪も結婚指輪も、基本的に同じ指にはめます。左右の違いがあっても、そこまで差が出ることは少ないでしょう。ですが、重ね付けに使う結婚指輪と婚約指輪は、サイズが異なるケースもあります。なぜなら、上下に重ねてつけるため、上につけるものの方が、ひとまわり小さくなることもあるのです。あらかじめ重ね付けを考えている場合には、事前に男性へ伝えておいた方が良いかもしれません。

 

メリットデメリットを意識する重要性

おしゃれな流行りの重ね付けとはいえ、それによって生活しにくくなる、サイズが合わず不快に感じるともなれば、むしとマイナスな存在となってしまうでしょう。愛の証が不快となれば、最悪二人の関係にまで影響してくるかもしれません。だからこそ、デメリットをしっかり理解した上で、メリットをうまく活かしたつけ方が理想的となってくるのです。プラスな存在になるよう、双方しっかり把握しておきましょう。

 

重ね付けに適した指輪を選ぶポイント

前述の通り、サイズが合わない、扱いづらい指輪を選んでしまうと、快適に重ね付けができなくなってしまいます。指輪選びのポイントを押さえて、付け心地の良い重ね付けを楽しんでみてください。

 

二人での連携が肝心

結婚指輪の重ね付けは、男女一方で決められるようなものでもありません。男性は好みや指のサイズを知っておかなくてはいけませんし、また女性は重ね付けしたいという希望を伝えておくべきです。それにより、ぴったりサイズの合った長く使い続けられる指輪2つが手に入れられます。男性としては、内緒にしておいてサプライズ的に渡したいと考えるかもしれませんが、お互い本気で満足度を考えるなら、話し合いも大事です。

 

重ね付けに合ったデザインを

石が心配で気兼ねなくつけられない、そんな状況を避けるための良い方法があります。それは、重ね付け向けに売られている婚約指輪を選ぶということです。近年の流行に伴い、お店側も重ね付けに合ったものを多く展開してくれています。たとえば、ダイヤがサイドに入っており傷や落下の心配が少ないもの、結婚指輪と合わせるため、少しシンプルめに仕上げられているものなどです。大きい指輪が2つ並ぶと少し目立ち過ぎるかもしれませんが、スマートなもの2つなら、悪目立ちせずさりげないアピールとして役立てられます。

 

また、婚約指輪を外側に、結婚指輪は内側につけるのが基本的なルールになっています。外側の方が負荷はかかりやすいので、この点でも石がサイドに埋め込まれたタイプは安心感が感じられます。ぜひ、重ね付け向けに作られたものを選んでみてください。

 

デザインについて

基本的に、婚約指輪は婚約時期のみつけて、結婚後は大事に保管しておく流れが通常です。そのため、婚約指輪はある程度派手なケースも少なくありません。ですが、重ね付けとなると付け心地の意味だけでなく、見栄えとしても存在感が強いとマイナス印象です。凝られたアイテムよりも、さらっと付けられるようなものの方が適しているといえるでしょう。サイズやタイプに合わせて、意識しておいてください。

 

 

結婚指輪の重ね付けといっても、ただ2つ付ければ良いというわけでもありません。安心して、そして快適につけ続けられるものこそが、理想的となっています。なぜなら、違和感を感じるようなものはむしろデメリットな存在ともなってしまうためです。いつまでも付けていたいと思えるようなアイテムなら、ファッションの意味でも、そして夫婦の絆をいつまでも維持し続ける意味でも有効といえるでしょう。ぜひ、こだわって楽しんでみてください。

 

名古屋で最高の結婚指輪を見つける3STEP

こだわりで選ぶ名古屋の結婚指輪カタログ

名古屋の結婚指輪ショップ巡りガイド

名古屋のマリッジリング最新事情リサーチ

ブランド別 名古屋のおすすめ結婚指輪ショップリスト